FC2ブログ

タイミングを掴む日本古来の旬

こんばんは、ウジャトの恵観です。

本日は「穢れ」を題にしたいと思います。

穢れとは常に私達が生活している上で当たり前に纏わりついています。

見ための汚さ。これは言わずとわかりますね。仕事上で汚れるのは問題ないと思います。

病気、悲しみ、悩み、苦しみ、愚痴、不平、不満などのこと。

いかがでしょうか?皆さんもひとつやふたつございますでしょ?

もちろん、私もまるで穢れというオブラートに包まれているかのようにございます(笑)。

この積み重ねが罪となり、穢れ=気が枯れるになり、生命力が衰退しやる気や前向きな心構えが動かなくなる。

どうすればいいか。それは、何事にも「けじめ」をつけること。

実はけじめをつける方法はたくさんあります。

日本には四季があり、作法や旬があります。

しかし、外国から入ってきた企画日は例外。

あとは、コンビニや昔売れなかった宝石の為に作られたイベントも別の話。

日本人ならではの「旬」を重んじ、感慨を受けたから海外の方は日本に惚れ込む。

なのに今の私達は海外の方より日本を、旬を知らないし活用していないような気がします。

旬の食材を食べること。
その時期に対応した身体づくりをしておくこと。
その場、その時期にふさわしい動きと判断。

日本にある四季はまさに先人から伝えられた穢れの対応策。

例えば、土用は何を食べて何をしてはいけない、とありますよね。
それは体力的に低下する時期だから体力を養いなさいということ。

石屋なので、これも一つ。
自分を守る、願望を叶えるために身につける石を浄化しなさいっていうでしょ。

これも前項で伝えたことと同じことになります。

それは、石が身代わりとなってたくさんの諸々を背負っている。
そのままどんよりしたものを固定しては穢れが強くなるだけですものね。

ウジャト トマスゴンサガ水晶クラスター

目には見えませんが、汚いよりきれいなほうがいいですし。
定期的な新調はとても大事だと思います。
知らずと「念」が籠って邪魔をするときがあります。

戻りますが、穢れはあっていい。いいんですっ!(笑)

ただ、それをどう処理するかによって目線は変わっていくと言うことですね!

まずは出来る事からはじめよう!

それは「旬」を満喫すること。
これからたくさんの旬が待っていますよ!

どんどん活用しましょう!

大さん、そろそろ重たい腰を上げて復活しましょうか!?

ウジャト トルマリンブレスレット
今夜10時にアップしま~す♪
御注文お待ちしております。

ウジャト 恵観

Comments 2

岩手藤原門番  
なんですとぉー!

穢れと言えば大祓が浮かびました。昔に比べると安易に手に入れるけど物事を最後まで大切に扱わなくなったことも関係してるのかもしれませんよね。今一度、自分も見直してみたいと思います。大さんも復活祭を迎えるとならば!向かわなくてはなりませぬな!いざ!上杉祭りへ!(笑)

2018/04/19 (Thu) 03:04 | EDIT | REPLY |   
仙台藩伊達君  
復活!?

こんばんは!伊達君です!確かに穢れ穢れとは申すけど、自分自身のなかに隠れてるモノホンを見ずに外見だけの一時的な浄化とか祓いとかを意識して捉え方を履き違えている人が多いかも(-_-)あ!なに?恵観公!!大さんの復活!?

2018/04/19 (Thu) 02:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply